雨漏りによる被害

多少の雨漏りだからと放置していると、漏水が起こっている箇所だけでなく、建物全体に被害が及ぶ恐れがあります。
雨漏りによるトラブルを避けるためにも、屋根に劣化が見られたら早急に屋根塗装を行って下さい。こちらでは、危険な雨漏りの二次被害についてご説明致します。

○建物の腐食

雨漏りの被害の中でも、非常に深刻な問題となるのが建物の腐食です。湿度の高い環境が続くと、カビが発生するだけでなく木材自体を腐らせてしまいます。腐食は対策を取らなければどんどん進行していきます。

また、傷んで柔らかくなった木材を好むシロアリが発生し、建物の構造上欠かせない柱をボロボロの状態にしてしまいます。湿気による木材の腐食とシロアリ被害が起こることで、家の寿命は短くなります。最悪の場合には、建物が倒壊する危険性も秘めているのです。

○耐久性の低下

雨漏りによる被害は木造の建物だけの問題ではありません。最近では鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物も増えておりますが、建物の耐久性を保っている鉄の骨組みがサビで脆くなる危険性もあります。

建物の耐久性は安心・安全な暮らしに欠かせない要素の一つですので、鉄骨建築だからといって油断してはいけません。
被害が拡大してからでは取り返しがつかない場合もありますので、定期的な点検や保全工事の実施が必要です。

○資産価値の低下

物件を売却する時や賃貸物件を退去する時には、物件の資産価値が見極められます。通常は、年月と共に資産価値は低下するのですが、雨漏りによりシミやカビ、腐食、サビなどが起こると、年月にかかわらず価値が下がってしまいます。

建物のトラブルはいろんな種類がありますが、その中でも雨漏りは資産価値に大きな影響をもたらす被害といわれています。転売時に不利にならないように、または賃貸物件退去時に掛かる費用を抑えるためにも、屋根塗装により雨漏りを未然に防ぐ対策を取っておきましょう。

○漏電

雨漏りによるトラブルは建物の被害だけではありません。屋内ではテレビや電子レンジ、冷蔵庫、ポット、洗濯機、パソコンなどの様々な電化製品を使用しています。漏水がブレーカーに流れてしまったり、電化製品が濡れてしまうと漏電を引き起こす恐れがあります。漏電により家電製品が不調となるだけでなく、最悪の場合には火災が発生するケースも考えられます。

雨漏りは単なる漏水ではなく、多大なる被害を引き起こす危険性のあるトラブルですので早めの対策が重要です。
名古屋近郊で屋根塗装や保全工事を行っている業者をお探しでしたら、サンクリエイトにご相談下さい。

塗装に関する無料診断+お見積大歓迎 お問い合わせ・ご相談 他社でお見積を取られた方でも大丈夫です。お気軽にお申込み下さい