シーリングの種類

シーリングとは、住宅やビルの防水性や気密性を高めて、外壁のひび割れを防いでいるペースト状の建築材料です。
外壁リフォームや塗装工事などでも使用します。シーリング材には様々な種類がありますので、こちらでご紹介致します。

○シリコン系

外壁の目地・窓のサッシ・大理石・配管・屋上シートの防水下地など住宅の多くの箇所で使用できるオールマイティーなシーリング材です。 耐久性や耐候性に優れているので、外壁や屋根などの紫外線や雨風のダメージを受けやすい場所に適しています。乾燥した後はホコリが付着しにくいので、主に仕上げ面に使用されます。変形シリコンの場合は、塗装前・塗装後どちらでも使用可能です。

○ウレタン系

コンクリート・木材・金属・柱と壁の隙間・配管などに使用できるシーリング材です。硬化後はゴム弾力性が見られ、コンクリートや石材ストレートと相性が良いです。優れた耐久性を維持できるのですが、紫外線に弱い性質を持っているので外壁や屋根などの外観箇所には適していません。ホコリを引き寄せてしまうので上から塗膜を被せる必要があります。

○アクリル系

ALCパネル目地・サッシと壁の隙間・天井と壁の隙間・ひび割れなどの際に使われていることが多いのですが、耐久性が低い難点があります。硬化後は弾性体となり、湿り気のある面にも使用することができます。

○油性形

屋内の窓やドアの枠・各種パネルやボードの継ぎ目などに使用されています。外側は皮膜を形成するので固まりますが、内部は非硬化の状態となります。

○ポリサルファイド系

大理石・窓のサッシ・屋上シート防水下地・ガラスとサッシのグルージングなどに使われています。目地に追従する弾力性の高いシーリング材として米国から輸入された歴史の長い材料です。表面にホコリが付着しづらい特性を持っています。

シーリング材は住宅の安全を守るために欠かせない建築材料ですので、外壁リフォームをご検討されている方も予備知識として知っておくと良いと思います。外壁リフォームや塗装工事、シーリング施工を行っている業者をお探しでしたら、愛知県名古屋市近郊や岐阜県・三重県エリアのご依頼も承っているサンクリエイトにご相談下さい。

塗装に関する無料診断+お見積大歓迎 お問い合わせ・ご相談 他社でお見積を取られた方でも大丈夫です。お気軽にお申込み下さい