外壁工事で入居率をアップ

現代では、空き家問題などの影響により中古住宅市場の活性化が求められています。中古住宅の入居率をアップさせるためには、外壁工事が大切です。

○入居率を左右する建物の外観

大切な資産である建物の外観は、入居率に直接反映するといっても過言ではありません。好立地で住環境も良好なのに、なかなか次の入居者が決まらない・・・そんな物件をお持ちではありませんか?入居者の住まい選びの目安となるのが外観の第一印象です。

どんなに内装がキレイでも、外観の印象が古いというだけでイメージダウンに繋がり、入居者の選択肢から外れる可能性が高まります。安定した資産運用のためにも、入居者の成約率を上げることは必要不可欠です。建物の美観を維持するために、塗装工事を業者にご依頼されてみてはいかがでしょうか。

○外壁工事で入居率アップを図る

日々、紫外線や雨風、台風などの外的要因から私たちを守ってくれている外壁は、年月と共に汚れやカビ、ひび割れ、チョーキング現象などの劣化が目立ってきます。その影響で、建物の美観だけでなく耐久性も損なわれてしまいます。美観維持は、マンションやアパート、中古住宅などの入居者募集の物件に欠かせない絶対条件の一つですが、オーナー様にとっては末永く建物を管理していく上で、耐久性も絶対条件となっていきますので、適切な補修工事も対応できる業者に工事を依頼することをおすすめします。

特に、下地の補修工事は耐久性に非常に左右される要素です。劣化を修復するだけでなく、塗料が密着しやすい状態にすることで耐久性が上がります。いいかえればここを手抜きすると耐久性のある塗料を塗っても本来の耐久性は望めません。またしっかりした下地処理をすることで美観的にも見違えるようにキレイになります。

賃貸物件の場合には、ユーザー層を明確にした上でカラーを選定するのも入居率アップの戦略ポイントです。
例えば、女性の一人暮らし向けのアパートでしたらベージュやホワイトを基調にした優しい印象のカラー、ビジネスマン向けのマンションでしたら黒やブラウンのシックな印象のカラーを用いるなど、入居者のニーズに沿った塗装を行うことが大切なのです。

○内装リフォームで入居率アップを図る

内装リフォームで入居率アップを図ることができます。
例えば、水周りは清潔でなければ、入居者は見込めないでしょう。誰もが物件を探す際には、トイレやキッチン、洗面台など、必ずしっかりと隅々まで確認します。清潔なことはもちろんのこと、使いやすい、生活しやすい環境を作るのもおすすめのポイントです。

また、クロスの張替え一つで部屋のイメージが全く変わります。例えば、暖色系の色は時間をゆっくり感じることができ、寒色系の色は逆に早く感じると言われています。その他にも淡い色は柔らかく、溶け込んだ自然な印象を与えることができます。少し古い建物でも魅力的な空間を作ることができ、入居率アップにつながります。

名古屋近郊で外壁工事のご依頼でしたら、サンクリエイトにお任せ下さい。壁工事や塗装はもちろん、ハウスクリーニングやビルメンテナンス、リフォームなど住宅に関する事業を幅広く対応しております。名古屋市だけでなく、愛知・岐阜・三重エリアを中心に対応させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

塗装に関する無料診断+お見積大歓迎 お問い合わせ・ご相談 他社でお見積を取られた方でも大丈夫です。お気軽にお申込み下さい