塗料の豆知識

住宅の外観を美しく保ったり、耐久性を高めたりできる外壁塗装ですが、外壁塗装で使用されている塗料には様々な種類があります。こちらでは、その中でも代表的な塗料についてご紹介します。

○アクリル塗料について

アクリルを主成分としており、安価なことが特徴です。
5~7年で塗り替えが必要になるため、最近では外部塗装にほとんど使用されません。

○ウレタン塗料について

アクリル塗装よりも耐候性に優れており、耐水性・耐薬品性があります。
塗膜にも柔軟性があるので、内外部共に様々な箇所で使用されています。
数年前までは主流の塗料で耐久年数は7~10年程あります。

○シリコン塗料について

ウレタン塗料に比べて耐候性に優れており、防汚性は非常に高いです。
高品質でありながら手頃な価格となっておりますので、現在ではコストパフォーマンスが一番良い塗料になります。
外壁塗装では主流の塗料となっており、耐久年数は10年~15年程です。

○フッ素塗料について

耐寒性や耐熱性、不燃性や低摩擦性など、機能性が充実している塗料がフッ素塗料であり、耐候性ではトップクラスの性能を持っています。そのため、主に屋根に使用されることも多いです。高品質な分割高ですので、長期間塗り替えることのない部分を塗装する際におすすめの塗料です。耐久年数は15年~20年程あります。

○特殊塗料(遮断熱・光触媒・無機塗料など)

遮断熱塗料は、その名の通り、熱を遮り、室内の温度を抑制することができる塗料です。近年日本では省エネ社会への転換が求められる中で、遮断熱塗料は建物内の温度上昇を抑える効果があるため、冷房費の節電に繋がるということで注目されています。断熱材と組み合わせることで、より室内の温度の抑制を行うことができます。

光触媒塗料は、塗膜表面に付着する汚れ(有機化合物)を紫外線で分解し、雨などで汚れの下に水が入って洗い流すことができる塗料になります。非常に高価な塗料ですが、耐久性がありセルフクリーニング効果があるため、長期にわたり外観をキレイに保つことができます。

無機塗料の無機とは、炭素を含まない化合物のことで、分子の結合力が強く、紫外線で壊れることがないため、耐久性に優れた塗料になります。

名古屋で外壁塗装を検討中の方は、防水塗装や外壁の工事・リフォームを行うサンクリエイトにお任せ下さい。
名古屋を中心に低コストで高品質の塗料を使用した外壁塗装を行っており、多くのお客様から喜びの声をいただいております。近隣への配慮や安全対策を常に心掛けて工事を行っていますので、名古屋で安心できる業者をお探しの方はぜひご利用下さい。

塗装に関する無料診断+お見積大歓迎 お問い合わせ・ご相談 他社でお見積を取られた方でも大丈夫です。お気軽にお申込み下さい